株式会社南西環境研究所 Nansei Environmental Laboratoty Co.,Ltd.

平成29年5月19日に公布された「土壌汚染対策法の一部を改正する法律案」の第二段階施行分が

平成31年4月1日から施行されました。

 

改正のポイント

 

第3条関連 特定施設に関する改正

・有害物質使用の特定施設のある工場は、900㎡以上の土地の形質変更時に届出が必要となります。(改正前は3,000㎡以上の土地の形質変更時)

 

第4条関連 3,000㎡以上の土地の形質変更時に関する改正

・土壌汚染状況調査の深度調査は10mまでのボ-リング調査が基本ですが、3,000㎡以上の土地の形質変更時の深度調査は掘削深度+1mまでとする事が可能となり、掘削深度+1mより深いところに汚染のおそれがある場合には調査の対象外となり調査範囲が緩和されます。

 

・3,000㎡以上の土地の形質変更届を提出して1ケ月後、都道府県知事が汚染のおそれがあると判断した際には調査命令が発令されていました。改正により3,000㎡以上の土地の形質変更届に併せて土壌汚染状況調査結果を提出できることとなり、今後工事工程が組み易くなります。

 

 

特定有害物質の見直し

・特定有害物質のシス-1,2-ジクロロエチレンをトランス体と合わせた「1,2-ジクロロエチレン」に改正され、溶出量基準は0.04mg/L以下となります。

平成31年3月31日以前に「シス-1,2-ジクロロエチレン」で実施されている調査は「1,2-ジクロロエチレン」の追加調査は不要です。

 

※詳細はこちら(環境省HPより)

環境省HP

http://www.env.go.jp/water/dojo/law/kaisei2009.html

説明会配布資料

https://www.env.go.jp/water/dojo/pamph_law-scheme_0314.pdf

㈱南西環境研究所SDGsの取り組み

 

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001 年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後
継として,2015 年9 月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030 アジェンダ」
にて記載された2016 年から2030 年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17
のゴール・169 のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one
behind)ことを誓っています。SDGs は発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバー
サル(普遍的)なものであり,当社としても積極的に取り組んでいます。

 

詳細はこちら⇨ SDGs取組み

本件は終了しています。

多数のご参加ありがとうございました。

 

 

「やんばるの森をマングースから守るバスターズ…その役割とは」

11月18日日曜日に、弊社のやんばるマングースバスターズの活動紹介イベントを開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。参加無料・お申込み不要です。

開催日:2018年 11月 18日(日曜日)
時間 :13:30~15:30
場所 :環境省やんばる野生生物保護センター(国頭村)


内容:
①やんばるの森とマングースのお話
②バスターズの仕事をのぞいてみよう!
③探索犬の訓練をのぞいてみよう!
④探索犬に触れてみよう!

 

今般 弊社は9月1日をもちまして創立20周年を迎えることが出来ました

 

弊社が社歴を重ねることができましたのも ひとえに皆々様の日頃のご支援の賜でございます

謹んでご愛顧を感謝し 今後ともお引き立てのほどお願い申し上げます

 

これからも従業員一同 力を合わせ 更なる飛躍を目指し業務に専念する所存でございます

今後とも 倍旧のご高配いただきますよう お願い申し上げます

 

 

平素は格別のお引き立てを賜り、誠に有難うございます。
この度、ウェブサイトのリニューアルを行いましたことを、ご報告致します。

 

この度のリニューアルでは、お客様がより使いやすいウェブサイトを目指し

「新しく分かり易く」情報をお伝えできればと考えております。

 

今後とも弊社をどうぞよろしくお願い申し上げます。

「土壌汚染対策法施行令の一部を改正する政令」です。
平成29年4月1日より土壌汚染対策法第二条第一項の政令で定める物質として、クロロエチレン(別名塩化ビニル又は塩化ビニルモノマー)を指定されます。